見えざる世界を知らないなら、そもそも進めないから


f:id:MotoNesu:20110722223558p:image

高い教育を受けた父にとっては「安定した仕事につくこと」がすべてだった。

一方、金持ち父さんにとっては「学ぶこと」がすべてだった。

『ロバート キヨサキ:金持ち父さん貧乏父さん』ロバート キヨサキ

 「金持ちの子は、大金を前にしてもビビらないから、大きな商売ができる」、「そんな値段で買い付けられるなんて、信じられなかった」。見えざる世界を知らないなら、そもそも進めない。

1.買えるサービス

 たまにはグリーン車、たまにはファーストクラス、たまにはスイートもいいかも知れない。

2.生まれた価値

 快適さ、驚き、楽しみ…。得られたサービスの価値は何か?。時間を買えた?。

3.知らない世界

 知らざるを知らずとなす、これ知るなり。お金で買える「知らざる」なら、試してみてはどうだろう?。自分の日常が変化したり、誰かにシェアできるかも知れない。

気づき)

 ・お金でその世界を知れるなら、、、

 ・価値を考える機会に

 ・あくまでも、自分のおこずかいの範囲で

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

(Visited 15 times, 1 visits today)