精緻に選ばれた「日本語」で語るときに伝わるもの


f:id:MotoNesu:20110707050516p:image

僕は走りながら、ただ走っている。僕は原則的に空白の中を走っている。逆の言い方をすれば、空白を獲得するために走っている、ということかもしれない。

『走ることについて語るときに僕の語ること』、村上春樹

 「あいつはできるっ。日本語が違うんだよ」という薬剤師。「医学部と薬学部の違いは、国語ができるかじゃないかな」という院長。「国家試験の問題が読めないんですよ」と嘆く予備校講師。

 偶然にも国語である「日本語」を、わたしのまわりで耳にしたのでメモ。

1.伝わる日本語

 木下是雄「理科系の作文技術」で感動を必要としない「仕事文」の技法は、学べる。感動を求めない、正確に伝わる日本語だ。

2.つややかな日本語

 しかし、平易だけど心揺さぶる日本語も使えるようになりたい。「小説は、勉強して書くものじゃない。書くべき人がいるんだ」と伊集院静がいうように、技法ではないのだろう。

3.おもしろいことなら、、、

 アーティスティックな日本語は「才覚」と、あきらめるのもさみしい。ならば、アイデアをロジカルに伝える日本語は、どうか?。これなら万人にチャンスがあるかも知れない。

気づき)

 ・難しい言葉でごまかさない書き方をしたい、村上春樹のように

 ・よく遊んで、よく生きて、日本語とつきあう

 ・誰でも使える言葉だから、選びに精緻が求められる

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

(Visited 30 times, 1 visits today)