危機管理における「システムプレイヤー」の役割


f:id:MotoNesu:20110727043851j:image

「縁」を作り出すのは事前準備

(『「持ってる人」が持っている共通点』小笹芳央)

 震災支援の関連のセミナーや学習交流会が、しばらくつづきそうですね。「クライシスマネジメント」を調べていたら、FIP Council in Brazil in August 2006 の報告を見つけました。

FIP STATEMENT OF PROFESSIONAL STANDARDS THE ROLE OF THE PHARMACIST IN CRISIS MANAGEMENT: INCLUDING MANMADE AND NATURAL DISASTERS AND PANDEMICS

http://www.fip.org/www/uploads/database_file.php?id=275&table_id=

この報告の肝(きも)は、、、

(P.2)

Pharmacists are the most accessible health professionals in many nations. Pharmacists are an intersection for virtually every health-system player – physicians, hospitals, patients, pharmaceutical companies, distributors and pharmacy benefit managers.

 薬剤師は、あらゆる健康関連の職種とのシステムプレイヤーであり、交差点(intersection)の役割がある!、ということですね。

 本文には、それぞれの職種との求められる関わりが簡潔に書かれています。

気づき)

 ・海外のPDFは、整理されたたくさんの情報がある

 ・災害時に「薬を配る」ことが、いかにたいへんなことか・・・

 ・兵站(logistics)についても、調べておこう

(Visited 13 times, 1 visits today)