「事前に知らない限り困難な」災害時のロジスティクス


f:id:MotoNesu:20110727215622p:image

テニスで瞬時に体の動きをプログラムしてナイスショットを打つことは、

「事前に知っていないかぎり」困難

(『上達の技術』児玉光雄)

 災害時における兵站(logistics)のマネジメントって、いったい何なのか?。

 そもそも、何を知っていれば、そのテーマについて知っていることになるのか?。「よーく考えて」「よーく見てみよう」は、問いではない。仕立てのいいマニュアルなら、いい問いをいただけるかも知れませんね。

 UN Development Programme (UNDP)やWHOが作成した個人・グループワーク用のトレーニングプログラム。

 Logistics 1st Edition

 Disaster Management Training Programme 1993

http://iaemeuropa.terapad.com/resources/8959/assets/documents/UN%20DMTP%20-%20Logistics.pdf

1. 基本的なタスクは?(定義)

The basic task of a logistics system is to deliver the appropriate supplies, in good condition, in the quantities required, and at the places and time they are needed.

2.地震やサイクロンが来たときに必要なものは?(ケーススタディ)

 このプログラムには、随所にQAがあって、自分でワークができます。

3.明瞭なシステム(ロジック)

 物資が最終的に行き渡るための“chain” of flows (上の図)、個別的な計画と評価(Logistics for assessment)、システムそのものの評価(Assessment for logistics)は、どの分野にも活用できる視座です。

気づき)

 ・1993年のプログラムですが、53ページとコンパクト&ポイント重視

 ・単純に項目をチェックするのではなく、学びのロジックがうまい

 ・事前に知らない限り困難

(Visited 18 times, 1 visits today)