あぁぁ、、、そのコーチングをもう一度


f:id:MotoNesu:20110602225244j:image

(iStockphoto)

どんな人でも、気づく力や課題発見力を備えています。

それがどれほど発揮されているか、顕在化しているかの違いだけでしょう。

ですから、その力を出したくなるような問いかけ(コーチング)やシーンを提供すればいいのです。

(『看護師の実践力と課題解決力を実現する!ポートフォリオとプロジェクト学習』鈴木敏恵)

 何十冊もコーチングの本を読んで、何回もブログに書いているのに、やってしまった。

 会話の中断。上司ブロッキング。

 出勤して間もない8時すぎ。

 カンファレンスの準備をしているスタッフに、

 「どう?。準備は?」と声をかけた。

 「どうにもならないんで、できたところでいきます」

 と彼女は答えた。

 「そうだよね、できるところまでで、いいよ、いいよ」

 <<<<< 会話終了 >>>>>

 朝のミーティングに向かう途中、歩きながらふと、考えた。あの会話、あれでよかったのか?。なんで、私は、「いいよ、いいよ」、と返事をしたのか?。本人が忙しいことを察したから、無理するなと伝えたかったから、本人をこれ以上たいへんにさせたくなかったから。なんて、わかりのよい上司なのだろう。

 で、それは彼女に何をもたらしたのか?

 何をもたらしたのか?

 「いいよ、できるところまでで」は、

 本当にスタッフ思いの発言なのだろうか?

 何も、もたらしていないのではないか

 <<<<< ( 薬局にもどれ!!! ) >>>>>

 失敗をしたから、もう一度チャンスをほしい、と、へんな会話だけど、彼女に伝えてみよう。

 息を切らして、薬局のドアを開け、そのまま目を見て伝える。

「申し訳ないけど、いまの会話、もう一度やりなおしてもいい?」

 

 周囲の視線が集まる。

(告白のやり直し、みたいだ)

 彼女は、笑いながら、快諾してくれた。

 周囲も、よかったですね!、と声をかけてくれる。

 そして今度は、

「どうなっていればいいと思う?」

 

 と、本人の思うゴール、課題に焦点を当てた問いをした。

 すると、作成中の薬歴を見せてくれ、本当はこうしたい、患者さんはああいった、ここまではがんばった、自身の経験や気づきを5分も語ってくれた。

 写真の老夫婦のように、シーン1つは、

 心とメッセージでデザインされている

気づき)

 ・その日の夜、著者の鈴木敏恵先生と電話でお話しする機会をいただきました。「彼女はさ、きっと、満たされたね!」とお言葉をいただきました。

 ・やり直しをさせてくれた信頼関係を、これからも大切に

 ・良質な問いかけ Driving Questionは、日常を意味を与えてくれる

こちらも)

 ・質問ではなく「問い」からみえる本当の「相手フレーム」

 ・コンテントエキスパートとプロセスコンサルタントの2つの能力

 ・いったいスタッフたちは、どうしてあれほどの熱意をもって仕事に挑んだのだろう

 

(Visited 18 times, 1 visits today)