正しいことをしてほしいー大切なことは、ど真ん中に、隠れているー


f:id:MotoNesu:20110529022307j:image

(MotoNesu Original Photo)

There may be something there that wasn’t there before.

(『Beauty and the Beast』)

 おいしそう。

 

 そう、

 大切なことは、ど真ん中に、隠れている。

「新人教育の2日間で、何をカリキュラムにいれるのか?困っています」と、研修委員会の担当者が、困っている。文字通り。3つを並べながら。

・CPD(Continuing Professional Development)

・Communication

・Portfolio

 それは並列に3つの箇条書きになるものではなく、それぞれの守備範囲はもちろん、目的が異なる。

 教育手法の位置づけマップはないか?

 自分で描いてみたら面白いかも!と思いながら、Situated Learning、Carrier Pass、Instractional Designは、どこにくるかなー?、とマップ描きをはじめた。

 すると「ちょっと、日本語でお願いします」と水を差してくるので、「いいけど、日本語は、もっとわからないよ。だって、Situated Learningは、正統的周辺参加だし。」と話が噛み合わなくなってきた。

(はやく、TDMやEBMのように、教育コトバも、広がるといいのに)

 と、思いながら。。。

 手法はどうあれ、私は新人教育のイシューに、立ち戻った。

 「新人にどうなってほしいのだろう?」と心に聞いてみた。

 「正しいことをしてほしい」、

 そう思った。

 社会責任Social Responsibilityの時代(いまさら)に、「何が正しいのか?」判断できる新人になってほしい。薬剤師コンテンツでいえば、「薬害」や「薬害と薬事法の変遷」や「薬害イレッサ訴訟で大阪と東京は、どうして判決が違うのか?」は、必須だろう。(おっと、薬害ばかり。)

 そして、13万人の社員が1つの組織で働く「P&G」のことも思い出しました。

・プライド(正しいことをする)

・モチベーション(一人ひとりを尊重)

(『P&G式伝える技術 徹底する技術』)

プライドを、モチベーションが支える。( いつになったら、この絵は、うまくなるのでしょう?)

f:id:MotoNesu:20110529021703p:image

気づき)

 ・正しいことの判断がつく新人

 ・公共哲学、自分の立場を明らかにしながら

 ・意図されたDNAみたいなものかな

(Visited 11 times, 1 visits today)