委員長になってほしい…スタッフみんなの花を咲かせるリーダーシップとは?


f:id:MotoNesu:20110528150058j:image

(MotoNesu Original Photo)

衣服にせよ友人にせよ、新しいものを手に入れようとあくせくするのはやめたほうがいい。古いものを裏返して使えばいい。

(『孤独の愉しみ方』ヘンリー・ディヴィッド・ソロー)

 「委員長になってほしい…」と依頼を受けました。私ではなく、私のスタッフに。私の大切なスタッフに。もちろんふつうなら、「よろこんで検討しましょう」と快諾するのですが、今年は実務実習の指導薬剤師が足りず、外部研修に主任を出している都合、どうにもならない。

1.まず体制の確認

 どうにもならない。これ以上、時間内に業務保証することは無理。

 これが、主任さんたちの意見。ごもっとも。本当にそうなのだ。

2.次に、本人に気持ちを聞いてみた。

 1時間くらいかけて、委員会のミッション、タスク、所要時間、メンバー、過去、未来、不満、希望、すべて語ってもらった。そして、委員長を引き受けても「業務時間内に影響することはない」ことが明確になった。

 いける!、、、と思った。

 しかし、本人の顔がクリアではない。

 ? (゚o゚)

 やりたくない。のだ。

 私は、もう一度、本人の側に沿うことにした。すると気持ちがよくわかった。

 すでに中堅の彼女のポジションは、All Round Follower(全体をフォローできる)なのだ。

 いまさら、Leadership Training を受けることを、本人自身が望んでいない。

 いきづまった。

 無理には、押せない。押さない。

 それは、意味がないから。

1.体制上、時間保証はできない。

2.本人がリーダーシップをとることを望んでいない

3.さて、どうするか?(  )

 そのまま、私は東京の役員会に突入した。

 そして、上記2点を述べた。

 会議もフリーズしかけたときに、

「そのまま、All Round Follower で、いいじゃないですか」

 と、保険薬局の取締役から、意見がでた。

 あ、私も同時に稲妻に打たれたように解がつながった。

 リーダーシップには、いくつかの型があっていい。

 先陣を切って、カリスマ振る舞うことが、リーダーシップではない。

 All Round Follower だからこそ、スタッフの声が聴けて、スタッフが動き出す。

 おおーー。すごい。そうだ。

 みんなのことを観察する力があって、フォローできるリーダー。

 観察や気遣いのレベルが高いほど、スタッフには、Driving Questionを投げ掛けられるかも知れない。

 スタッフみんなの花を咲かせるリーダーシップに、つながるといい。

 もう一度、本人と相談します。

気づき)

 ・スタッフみんなの花を咲かせるリーダーシップ

 ・本人の気持ち+業務体制+全体で相談すること=次の結果が待っている

 ・実話

(Visited 20 times, 1 visits today)