プロフェッショナル・ネイティブ


f:id:MotoNesu:20110503112736j:image

(MotoNesu Original Photo)

最適経験という言葉が意味するものはこのようなものである。それは進路を正確にたどっている船乗りの髪を風がなびかせる時、ヨットが若駒のように波間を突き進みーーー帆・船体・風そして海が船乗りの血管の中でハーモニーを奏でている時、そういう時に感じられるものである。

(『フロー体験 喜びの現象学』、M.チクセントミハイ)

 プロフェッショナル・ネイティブ!

 私がいっしょに仕事をさせていただいた医療スタッフに、もんのすごい!人たちがたくさんいらっしゃいます。私は、この方々を「プロフェッショナル・ネイティブ」と勝手に呼んでいます。

・環境感染が、もんのすごい看護師

・粛々とジャーナルを読みつづけられる薬剤師

・震災支援で飛び出した理学療法士

彼ら&彼女らは、「勝手に」動きますぞー

 基本的に承認とか、段取りは、ありません。身体がおそらく、勝手に動く。ネイティブですから。

プロフェッショナル行為そのものが、衣食住

 本人=食+住+(プロフェッショナル)で、着るものは気にしない!だったり、

 本人=衣+住+(プロフェッショナル)で、食べ物?何でもいい、だったり。

 衣食住の何かを放棄してもOK。ネイティブですから。

周りは勝手に巻き込まれる

 周りのスタッフも、勝手に巻き込まれます。職種も年齢も関係なく、トルネードのように。そして、かならず、患者さんに直接的なメリットが、発生します。

 「プロフェッショナル・ネイティブ」を心底うらやましい、と思いながら、ごいっしょに仕事をさせていただいております。

気づき)

 ・威風を感じたら、近くにネイティブがいるかも知れませんよ。

 ・「デジタル・ネイティブ」世代も、いまも何かを生んでいるんだろうな。

 ・ありがとうございます、すごいみんな。

(Visited 16 times, 1 visits today)