f:id:MotoNesu:20110424213308j:image

ひとつの「動き」には、

ひとつの「感情」しかつかない。

(クリス岡崎「億万長者専門学校」より)

 本棚にある書籍は、次々にローテーションをして「ゴールデンテキスト」だけが、リビングの棚に並んでいます。自由に使えるお金の半分は、書籍費。これも10年くらい続けていると思います。読書をすることは、「気持ち+理論」に自分を変えることです。

1.「気持ちの領域」に理論を取り込む

 物の時代から、情報の時代、そして心の時代に確実にシフトをしています。私たちの気持ち(=エモーション)とどうつきあうか?が、人生を決めるといっても過言ではないと思っています。読書は、この「気持ち領域」に理論をもたらしてくれます。私たちは毎日毎日、何かしらの経験をしています。この経験に対して「感情」だけで、とりあうと、即時的な怒りや、喜びで終わります。一方、「気持ち領域」に理論があると、怒りや喜びに対して、「どうしてそう感じたのか?」、「避けるにはどうすればいいのか?」、場合によっては「キープする方法」すら、わかるようになるのです。

2.気持ち領域における「理論」とは何か?

 1つは、形式化(=パターン)です。いわゆるビジネス書の類いを数冊立ち読みすれば、「なるほど!」と思えるパターンが、解説されています。これを読むだけではなく1つでも取り入れれば、すぐにでも効果が現れます。2つ目は、それが言語化・ビジュアル化(=シェア)されているということです。書籍になった段階で、著者の魂はペーパーに写されています。共感したら、誰かに伝えることも可能です。最後は、うつろいゆく夢(=インタレスト)。実は、ここが一番大切です。私たちの興味や気持ちは、つねにうつろいゆくものだ、という構えです。ここはパターン化もシェアも難しく、「そうはいっても、私は自由」という気楽な構えも必要ということです。

3.気持ち領域に理論を持ち込む「理由」

 読書は、他人を共有することでもあります。他人の勝手な考えと向き合う時間は、他人経験でもあります。その代わり、著者の心をいただけます。いつのまにか自分のなかにたくさんの人たちが棲みはじめ、「自分がこわれない」ようになります。読み込むほどに、言動も、思考も、多様性に満ちながら、自分が変わっていくのです。そして、いまの時代に「次の仮説」を生み出せるようになる。たぶん、これが読書なのだと思います。

気づき)

 ・と、いう理由でそもそも読書をしてるわけではありません。

 ・私も少しは成長したかな。

 ・タイトル買いは絶対にしない1冊ですが、中身は人のこと。

億万長者 専門学校

億万長者 専門学校

(Visited 10 times, 1 visits today)
カテゴリー: Diary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です