f:id:MotoNesu:20110405205822j:image

“No one can remember more than three points.”

Philip Crosby

 久しぶりに、仰々しいタイトルをつけてしまいました。世界的ベストセラー『プレゼンテーションZen』著者ガー・レノルズ氏の新作。八重洲ブックセンターは、必要十分な古典と見込みある新作のバランスが絶妙なので、毎度ファインプレーです。さすが、JPモルガンの先輩がオススメしてくれる書店だけのことはあります。このブログでも使用させていただいているiStockphotoも前著から教えていただきました。

 プレゼンテーション2日目に紹介するのは、ガー・レノルズ氏が、コンテンツ作りの極意をたった1枚のSummaryです。

 まず最初に、誰がそもそもあなたの話を聞くのか?ちゃんと意識します。きちんと書きだした方がいいですね。次に、どうなって欲しいのか?ゴールポイントを明確にします。欲張らず、ちょっとがんばればちょうどいいくらいがいいです。もっとも重要なのが、「なぜ、それが重要なのか?(Why dose it matter ? )」をきちんと設定することです。

Step 1:

Who is audience ?

What do you want them to do ?

Why dose it matter ?

 プレゼンテーションの作成で、いきなりPowerpointに入力しません。発想を拡散させるために、身体を使いましょう。そう、手書きです。現状がどうで(Move from)、どんなアイディアで(Big idea)、どうなるのか?(Move to)。たった3枚の絵コンテで伝えられますか?

Step 2:

(1)Move from

+(2)Big idea

(3)Move to

 アイデアは、ブレインストーミング、グループ化、順番をかえてみることで生まれます。

Step 3:

Brain storm ideas

Group ideas

Arrange ideas

気づき)

 ・なぜ、この時期にプレゼンテーションなのか?、誰かに、何かを伝えたい症候群かな。

 ・いや、看護学校の授業がまた近づいているからかも。

 ・P&Gの伝達極意もすばらしかったので、明日メモをします。

ガー・レイノルズ シンプルプレゼン

ガー・レイノルズ シンプルプレゼン

(Visited 8 times, 1 visits today)
カテゴリー: Books

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です