ベンゾジアゼピン系で交通事故リスクおよそ1.4倍


f:id:MotoNesu:20080125131426j:image

日常の仕事以外の仕事を自ら課しつづけるということが、

本当の意味で「壮にして学べば、即ち老いて衰えず」なのであろう。

(「知的余生の方法」渡部昇一)

 看護学生から質問をいただきましたので、ひとりEBM。

質問

「ベンゾジアゼピンの服用して車の運転はダメ」らしいですけれど、本当ですか?

P  成人で
E  ベンゾジアゼピンの投与をすると
C  ベンゾジアゼピンの投与をしない場合と比べて
O  交通事故が増加するか?

そのままPubmedで、検索をします。

検索式:#1Search Benzodiazepine Traffic Accidents 174件

このうちFree Full Text (24)で、Publication Typeを選ばずに、最新号のClin Pharmacol Ther.を選択しました。(ちょっと荒いなー。)

参考文献

Orriols L, Philip P, Moore N, Castot A, Gadegbeku B, Delorme B, Mallaret M,Lagarde E. Benzodiazepine-like hypnotics and the associated risk of road traffic accidents. Clin Pharmacol Ther. 2011 Apr;89(4):595-601.

*全文が読めます。http://www.nature.com/clpt/journal/v89/n4/full/clpt20113a.html

ざっと、吟味。

<結果は妥当か?第1の基準>

研究デザイン 症例対照研究
明確に特定できる比較群があるか? YES
アウトカムに影響する重要な因子を検討しているか? YES
暴露とアウトカムは同じ方法で測定されているか? YES
経過観察は十分に長く、完全か? (不明)

<結果は妥当か?第2の基準>

暴露と害の時間的関係は正しいか? YES
量-反応関係があるか? 不明

<結果は何か?>

暴露とアウトカムの関連性はどれだけ強いか? オッズ比1.5~2.5でやや強い
リスクの値の精度はどの程度か? 95%信頼区間のため高い

<臨床に意味があるか?>

結果を臨床に適応できるか? YES
リスクはどの程度大きいか? マイスリーは10mg以上の投与で2.5倍、ベンゾジアゼピン系は通常量でもおよそ1.4倍リスクがある
暴露を防止するよう努力すべきか? 努力すべき

f:id:MotoNesu:20110403161141g:image

<看護学生へ明日、答える言葉>

 ベンゾジアゼピン系は、死亡も含めて交通事故のリスクが全体的にあるようです。

・服用していない人と比べて、およそ1.4倍のリスクです。

・また、zolpidem(商品名:マイスリー)は10mgを越える高用量で2.5倍くらいのリスクがあります。

・可能ならば、zopiclone(商品名:アモバン)が、安全かも知れません。

 看護学生に、納得してもらえるでしょうか・・・?

これから)薬剤師をつづけながら、いくつか「本当にオモシロイ!」経験をさせていただいています。EBMのアプローチもその1つ。ひとりEBMをするくらいですから。何が、オモシロイのか?、臨床でどうなのか?、もうちょっと考えましょう。

知的余生の方法 (新潮新書)

知的余生の方法 (新潮新書)

(Visited 48 times, 1 visits today)