生を明らめ死を明きらむる


f:id:MotoNesu:20110123120944p:image

 週末は、祖母の一周忌でした。

 曹洞宗のお寺には、先祖代々(どこまでかはわからないですが)のお骨が眠ります。そして住職の奥様は、なんと私の大学の友人です。人のつながりとの広がりと深さを感じます。寒い境内で住職が読み上げてくれたのは、「修証義」の第一章でした。目をつむって何も考えない時間にしようか?と思ったのですが、「修証義」のテキストも配られたものですから、ちゃんと読んでみよう!と思いました。よく読めば、そこには「どうやって生きるか?」仏様の立場からのメッセージの宝庫でした。

 たまには、いっしょにお経を読んでみませんか?

生を明らめ

死を明きらむるは

仏家一大事の因縁なり、

我々が生きているということは、どういうことか、死とはどういうことか、その真実をはっきり見極めるのが

仏教者として最も根本的問題であります。

(ふむふむ。最初に問題提示。)

生死(しょうじ)の中に仏あれば生死なし、

生まれてから死ぬまで、我々は迷い、苦しみのまっただ中に生きているようですが、

その生まれてから、死ぬまでの生きている現実の中にこそ仏(覚ったひと)はいるのですから、

迷い苦しむ生活としての生死はないのです。

(なるほど。結論1「迷い苦しむ生活としての生死はない」すごいなー。)

但(ただ)生死すなわち涅槃と心得て、

生死として厭(いと)うべきもなく、

涅槃として欣(ねご)うべきもなし、

ただこの生まれてきてから死ぬまでの現実そのものが、

不生不滅の涅槃(ねはん)の境地と心得たらいいのであって、

そうなると、

いやがり、きらうべき生死という迷いの生活もなく、

ねがいを求めるべき涅槃、さとりの境地というものもありません。

(なるほど。結論2「現実そのものが涅槃の境地!」)

(ちなみに涅槃=Nirvanaです!)

是(この)時初めて生死を離るる分(ぶん)あり

唯一大事因縁と究尽(ぐうじん)すべし。

こうなった時、はじめて生まれてから死ぬまで迷い苦しむ

世界から完全に縁が切れた生き方が自分のものになります。

(ふーむ。)

生を明らかにし死を明らかにする、

ただこれこそが一番大事な根本問題であるということに徹底しなさい。

これから)” Smells Like Teen Spirit ” 。曹洞宗の境内で、ニルバーナのアルバム「Nevermind」が聴こえる経験をした人は少ないと思います。「無我」の境地で煩悩の火を消して、知慧の完成した悟りを。

ネヴァーマインド

ネヴァーマインド

(Visited 16 times, 1 visits today)