アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~(初回生産限定盤) [DVD]

アンヴィル!~夢を諦めきれない男たち~(初回生産限定盤) [DVD]

 ANVILというメタル・バンドの最新ドキュメンタリーDVDを早朝から視聴しました。「我慢してでも最後まで観てください」とメッセージをいただき、お借りさせていただきました。

今から20年後、30年後、40年後には人生は終わるんだ。だからいま、やるしかない。

 15歳よりバンドをはじめて、50代。絶賛されながらも、興行的には成功していない。ヨーロッパ・ツアーでは、電車に乗り遅れ、ツアーバスが道に迷い、演奏するもギャラが支払われない。10,000人収容できるスペインの会場で期待するも、100人足らずの観客の声援。しかし、それでも曲を作り、演奏をつづける。

 なぜか?

音楽はアートで永遠だから

 「30年もバンドを続けているバンドは、ローリング・ストーンズとザ・フーとアンヴィルだ!」とDVDの解説書。「マネジメントができていない」という彼らの言葉が痛い。カンパニー・マネジメントでいう成功は、ふつう事業拡大にともなう経済的成功だ。もちろん、彼らにも生活があるから、金銭的成功も望むべくゴールだ。しかし本人たちも親族もいうように、理解できない道に挑むこと選んだ。つまり、アーティストとしての成功を何とするか?を考えることに意味があり、まさにそれはマネジメントのスタートに立つこと。作品の結果としてついてくる評価。

いい曲を書くだけではだめだ。何に満足して、何に妥協するか。人生を楽しんでいるか?、それこそが重要なんだ。人生でもっとも大切なのは人との関わりだ。それは、知り合いや訪れた場所、体験したことに意味がある。

 日本ツアーを終えてのメッセージは印象的。あちらの世界から覗いた日本人は、異様に真面目。

これから)いよいよあと2週間たらずで、2010年も終わり。会っておきたい人たちに感謝をして、来年のストーリーを描こう。

(Visited 9 times, 1 visits today)
カテゴリー: Diary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です