f:id:MotoNesu:20100717084507g:image

 「子宮頚がん予防ワクチン接種によって不妊症になることはありますか?」グラクソ・スミスクラインより参議院選挙のさなか、Q&Aが配布されました。「東京をはじめとする全国各地において、子宮頚がんに関して誤った情報が記載されたチラシが配布されております」とのことで、想定される質問と回答例らしいです。

 ヒトパピローマウイルスで流産のつながりは何だろう?と思っていたら、ちょうどBMJより関連なし、との報告がされていました。インターナショナルな朝でした。

気づき)

・サーバリックスの新しいアジュバンドAS04が、早期の妊婦の免疫能を変化させることが、流産リスクの仮説らしい(The fetal life table revisited: spontaneous abortion rates in three Kaiser Permanente cohorts. Epidemiolog 1991;2:33-9)

・そういえば、万有製薬のヒトパピローマウイルス(HPV)6、11、16、18型のガルダシルGardasilは、いつ発売なのでしょう?

・複数名との性交を避ける等、HPVへの曝露と性感染症に対し注意が必要(JAMA. 2007;297:813-819)を基本に。ワクチンを投与しても、検診は欠かさないこと。

フルテキストで読めます

http://www.bmj.com/cgi/content/full/340/mar02_1/c712

BMJ. 2010 Mar 2;340:c712. doi: 10.1136/bmj.c712.Risk of miscarriage with bivalent vaccine against human papillomavirus (HPV) types 16 and 18: pooled analysis of two randomised controlled trials

Objective To assess whether vaccination against human papillomavirus (HPV) increases the risk of miscarriage.

Design Pooled analysis of two multicentre, phase three masked randomised controlled trials

Setting Multicentre trials in several continents and in Costa Rica.

Participants 26 130 women aged 15-25 at enrolment; 3599 pregnancies eligible for analysis.

Interventions Participants were randomly assigned to receive three doses of bivalent HPV 16/18 VLP vaccine with AS04 adjuvant (n=13 075) or hepatitis A vaccine as control (n=13 055) over six months.

Main outcome measures Miscarriage and other pregnancy outcomes.

Results The estimated rate of miscarriage was 11.5% in pregnancies in women in the HPV arm and 10.2% in the control arm. The one sided P value for the primary analysis was 0.16; thus, overall, there was no significant increase in miscarriage among women assigned to the HPV vaccine arm. In secondary descriptive analyses, miscarriage rates were 14.7% in the HPV vaccine arm and 9.1% in the control arm in pregnancies that began within three months after nearest vaccination.

Conclusion There is no evidence overall for an association between HPV vaccination and risk of miscarriage.

これから)エルプラット液、ジュリナ錠、ダルテパリン、サノフィ、保健師試験、職場会議、薬剤管理指導システムの起案

(Visited 14 times, 1 visits today)
カテゴリー: EBM

1件のコメント

病院薬剤師 · 2010/07/17 14:46

論文をすべて読みましたか?
AS04×初期流産について、関連なし!とは書いてないと思います。
有意水準0.025の片側検定の結果、関連は否定できないとなっていたと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です