Guidelines for the Use of Antiretroviral Agents in HIV-1-Infected Adults and Adolescents 2009


 先月より、HIV拠点病院となり、にわかに準備作業が進められている。HIV治療の進歩は、なかでも著しいので、最新のガイドラインを読んでおく。

Guidelines for the Use of Antiretroviral Agents in HIV-1-Infected Adults and Adolescents December 1, 2009

*改訂のポイント

・Considerations in Managing Patients with HIV-2 Infection の追加

・Raltegravir + tenofovir/emtricitabine” has been added as a “Preferred”(AI)

 → アイセントレス錠400mg+ツルバダ配合錠

気づき)

・HIV治療の情報を整理しなくては。

これから)職員面接、エチゾラム後発品使用後評価の発表(これで今年まとめた論文6つめ)、採用見学、三軒茶屋

(Visited 23 times, 1 visits today)