読書メモのカウントはEvernoteのタグで


「タグ」はノートに文脈や意味を追加するのに便利な機能で、ひとつのノートには複数のタグを付け加えることができます。(Evernoteハンドブック)

 「病院薬剤師のリーディングジャーナル」から、読書メモを移行する際、「私は生涯何冊の本と出会うのだろう?」と病的な発想が頭から離れず、1つづつ数えるか?、数日自分に疑問を投げ掛けていた。読書と音楽は経験だから、どこまでも膨大に消費する時間が発生する。亡くなる間際になってまでも、この芸術を欲する気持ちはなくならないだろう。

 で、本を何冊読んだのか?どうしてもカウントしたい。

 手作業でカウントをいれるのは面倒。

 BOOKというタグをつけておけば、集計はevernoteがカウントしてくれる。必要にして、十分。

(Visited 10 times, 1 visits today)