告白



D

キミみたいな人間は発明家の僕からすれば失敗作だよ

 フィクションなら何でもありか?その2である。

 たしかにフィクションは何でもいいが前提だ。1930年代の「風と共に去りぬ」から、2010年「ハート・ロッカー」まで、アカデミー賞作品賞は、死が、最大の関心だ。

 いじめ、エイズ、虐待、少年犯罪、そして自己愛。

 6月公開の「告白」は、素材があまりに現実の悲惨さをみるに、いただけなかった。作品と名がつくなら、広げた風呂敷の責任はとってください、という思いで最後まで観た。死について不感にならないために。

気づき)

・すべてをマザーコンプレックで包んだ仕上がりは原作と脚本家の天才さだ。中身はマズイ。

・何が罪で、何が罰なのか、悩むために。 原著は、本屋大賞。本屋って怖い。

・松たか子の最後の嗚咽

これから)部門別管理の再計算、職員面接1名、交通事故対応、看護学校の薬理授業その7「告白」について切っておく、採用見学1名、管理会議。たぶんへとへとだ。

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

(Visited 10 times, 1 visits today)