「よろめく強さ」がすばらしい理由


f:id:MotoNesu:20100610214109j:image

 「よろめく強さ」について書き出したあと、潜在意識のなかで、この物語は進行していたようで、ふと23時に目が覚めて、茂木健一郎を読んでいたら、まさにこのこと!というコメントに出会えた。共感をしていただいたようで、とてもうれしく、引用。

 自分の存在意義が分からず自信がもてないという人には、ある共通点が見られます。それは、本来外界に向いて放たれるべき視線が、あるところで折れて戻ってきてしまい、最終的には必ず自分に返ってきてしまうことです。つまり、関心の対象が自分にしかない。「自分自身から解放されない」。

 自分自身から、解放されない。

 そして、解放をつづけることは、とても気持ちがいい。

 解放できる人は、さらに解放されていく。

 「私」は、この世に存在しているのだけれど、それを自分自身で認識することは、案外難しいことなのです。しかし、自分を愛することができている人は、自己のなかに揺るぎない信頼感を置いている。

 ふと、「自分のことが決着できていない人に、他人の面倒はみれない」とキツイことをいったことを思い出した。

 真剣に。真剣に。

脳は0.1秒で恋をする

脳は0.1秒で恋をする

(Visited 15 times, 1 visits today)