20分で語るストーリーのトレーニング


やるべきことが見えてくる研究者の仕事術―プロフェッショナル根性論

やるべきことが見えてくる研究者の仕事術―プロフェッショナル根性論

 丸の内「丸善」で衝動買いした「研究者の仕事術」を繰り返し読んでいる。『20分で語るストーリーのトレーニング』は、ディスカッションの導入にとても効果的な構造になっているな、と感心させられる。

01 題目 *ショートストーリー

02 take home message

03 問題のバックグラウンド

04 問題のバックグラウンド

05 見解、解決

06 見解、解決

07 見解、解決

08 見解、解決

09 take home message

10 謝辞

 これなら、スライド10枚でランチミーティングでもいけるし、A4で1枚この形式で書くと、「つづきが読みたい」といわれる。

 やはり先達者の知恵は、そのまま実行に限る。そして、御礼に自分から創出したテーマを世に送り出したい。

 出版社より、目次が公表されているので、眺めるだけでも思い出せるようにメモ。

その1:プロフェッショナル研究者への成長の道 A Roadmap to an Independent Thinker

1. 研究者の人生はアブストラクトとして数秒で消費される運命にある

2. サイエンスが最も重要だが、今こそ仕事のやり方を学ぶべきとき

3. 何のために仕事をするのか

4. 研究者として仕事をすべき10 の原則/まとめ : 研究者のキャリアとは人間的成長の追求という終わりなき切磋琢磨の旅

その2:「 好き」よりも「得意」にこだわる仕事術 Strengths-based approach(SBA仕事術)

1. SBA とは何か

2. 研究者にSBA 戦略を応用す

3. SBA 戦略に関する4つの重要な質問

その3:プロダクティビティーを上げる時間管理術 Get Things Done(GTD)

1. 日々の時間管理術

2. 頭の中を空っぽにして爽快に : 脳内RAM のフリースペースの最大化を

3. 脳内RAM を空にするストレスフリーの仕事術

4. GTD によるメール管理術

5. To do リストの実行順序

6. 中・長期的な時間管理術

7. 大統領も実践している人生のプライオリティーを決めるテクニック

その4:自分の世界で一番になる ニッチマーケティングで自分の研究を売り込め―Art of being the best in the world

1. どうしてランキング1位はますます売れるのか

2. 世界とは

3. 自分の世界でトップの研究者になることをめざす

4「. 自分の世界」に関する3つの重要な質問

その5:批判され/批判して自分を磨く「フィードバック力」 Art of Giving Feedback

1. フィードバック力から得られるもの

2. 建設的なフィードバックの与え方

3. フィードバックがもたらす利益と損失

その6:変化に対する苦痛・恐怖を克服する Change or Die

1. 変化することの難しさ

2. ズーム&[ズーム]plus : 小さな変化を日々経験し耐性をつける

3. 変化に関する5つの重要な質問

その7:自分のストーリーを語る「物語力」 Art of Story Telling

1. ストーリーを語ろう

2. 研究者のためのストーリーの語り方Lively, Authentic, Context

3. 科学の世界に物語力は必要か?

その8:説得力のあるプレゼンテーション Presentation to Persuade

1. 研究者のためのプレゼンテーションの心構えに関する重要な質問

2. PresentationとはPersuasion

3. メッセージが伝わらない5つの理由

4. 20分で語るストーリーのトレーニング

その9:日本人中年男性研究者のための英語力向上戦略 :人間力英語術 王道ではなく覇道を!

1. 人間力英語術とは

2. 人間力英語術の実践法

3.[人間力英語術]PLUS

4. 洋書を読んで世界を広げる

その10:検索される自分 : 発信力 The Art of Blogging

1. ホームページは退屈なカタログ、しかしブログは人を惹きつける個人メディア

2. 研究者がブログを始めるべき理由

3. 知的生産装置としてのブログ

4. 信用創造装置としてのブログ

5. ブログを始めよう 【立ち読み】

その11:創造性とは Creativity and Effectiveness 【立ち読み】

1. どうして独立した複数のグループから同じような論文が同時に発表されるのか

2. グラハム・ベルが不慮の事故で亡くなっていたら、電話は存在しなかったのか

3. Multiple independent discovery

4. 創造性を高める方法

付録:研究者の自己啓発とキャリア形成のための20冊

1)生産性を高めるための人生管理術の古典的自己啓発書2冊

2)コミュニケーション力とは人付き合いと人柄のことであると理解する2冊

3)プロフェッショナル研究者としての心得を学ぶ2冊

4)学校では教えてくれない“正しい” キャリアパスを知る2冊

5)起業家から失敗を恐れつつも、挑戦する方法を学ぶ2冊

6)一流のサイエンスストーリーテリングを学ぶ2冊

7)メインのメディアでは報道されないアメリカを知る2冊

8)アメリカの医療の問題点を知る2冊

9)自分の考えを人に伝えるための極意を学ぶ2冊

10)不確実な時代を生き抜くための知見を学ぶ2冊

Column

1:35歳からの15 年間こそ自分の成長を意識した攻めのキャリアプランを

2:ラボメンバーの「強み」

3:哲学者モンテーニュも400 年前にSBA 仕事術を推薦?

4:Not to do リスト

5:「自分の世界」を設定する際に犯しやすい7つの間違い

6:自分のキャパシティーを見極める 【立ち読み】

7:つっこみ力

8:これからの時代のビジネスに必要な学位はMBA ではなくMFA

9:「成功する恐怖」

10:変化を促進する米国流研究システム 【立ち読み】

11:アイディアをスティキーにする方法

12:プレゼンテーションは最低3回リハーサルを

13:うまく質問するために覚えておくとよい10 のポイント

14:英語の勉強に役立つインターネットで手に入るフリーのリソース

15:メンタルトレーニング(修練の場)としてのブログ

これから)医療安全委員会、月末処理。

(Visited 10 times, 1 visits today)