病院薬剤師のためのライフハック48)すぐにできる自分レビュー


f:id:MotoNesu:20100523082934j:image

 数ある勉強本をいくら読んでも、成果が1段階あがらない理由は何か?

 自分をふりかえる「自分レビュー」だろう。自分のことをふり返ることは、上司でも部下でもなく、書籍でも患者さんでもなく、家族や友人でもなく、唯一無二の自分しかいない。ポートフォリオ手法でいう再構築、ライフログのふり返りである。

 大げさに考えると、できなくなってしまうので、自分レビューを簡単にできる方法はないか?考えている。

 薬物動態というモデルは、血中濃度の動きを想像してコントロールする手法だが、実はこの技法は静態だけがおそらく正しい。静態という点。経営上の会計も、キャッシュフローという動態を、バランスシートという静態で切り取った方が、理解がしやすい。動画も同じで、時間に沿ってながれるシーンを、1コマで凝視するといろいろなことがわかる。

 動態から、静態に。

 自分ライフから、自分レビューに。

 ライフログから、ライフレビューに。

簡単な自分レビューの例

・臨床でのQAやイベントは、なるべくアウトプットできる形にして、ファイルしておき、表題のみリストを作る

・ブログを書いているなら、1年に1回、自分のブログを製本サービスで本にする(Twitterも同様)

・資産管理も年に4回くらい、端数は気にせず千円単位で、残高のみ資産と負債を一覧にする

気づき)

・レビュー=デビュー

・小さな範囲のyourselfこそ歓迎

・自分の足下がまた、次に一歩を踏み出すために。

これから)職員面接、定期検診、歯科受診、POIS学習会、重要事項説明会

(Visited 21 times, 1 visits today)