次世代の手指消毒剤


f:id:MotoNesu:20100525203841j:image

 「消毒剤の評価が、日本は低い。」

 先週の結婚式で、製薬会社の新郎側役員の方がおっしゃっていた。たしかに、日本は消毒剤の種類が少なく、また適正使用についても課題が残る。そもそものOSHA国際労働安全衛生センターの取り組みなどをみると、まだまだ課題があることに気がつかされる。

 と、思っていたら、アポイントなしに、別の製薬会社の開発研究者の方から、面会の申し入れ。

「何でしょう?」と伺うと、「新しい消毒剤の商品開発に、何かコメントをほしい」とのこと。まだ医学書院で出版した「感染対策マニュアル」の名残だろうか。

・消毒剤のスペクトルに色分けされたラインナップ

・泡型の速乾式エタノール手指消毒剤

・ハーブやアロエなどの含有された手指消毒剤(すでに海外でpurellで発売済み)

・できるだけアルコール分の低濃度な手指消毒剤(手荒れ防止のため)

 次世代の消毒剤について、いくつもコメントをさせていただきながら、研究開発のロマンに思いを馳せた。泡型のエタノール消毒剤、待ってますよ。そのときには、製品の差別化を図る臨床試験を試みてみたいものです。

(Visited 6 times, 1 visits today)