がん患者の在宅療法サポートブック


 がん患者のサポートといっても、本当に身近な人や、在宅との連携をやってみてはじめて気がつくことは、実は多い。それは、たいていの準備が不足だ。

 やってみないとわからないことが少々残ることは仕方ないが、経験のまとめを学べばある程度見込むことはできるはず。

 入院でのがん治療をサポートする人たちにも勧められる最初のがん専門看護師らの作成したマニュアル。

気づき)

・実践から実践に

・「なぜ、おこるのか?、どうすればいいのか」フレーム

・ウィッグ(かつら)から、グリーフケアまで

厚生労働省の緩和ケアプログラム100冊の旅、のこり88冊。

(Visited 15 times, 1 visits today)