Take a chance on you



D

Take a chance on you

 アンジェラ・アキ。米国で大学時代を過ごし、音楽活動をするも、プロにはなれずに、OL勤め。上司に「テイク ア チャンス オン ユー(自分に賭けてみろ)」といわれて、発起する。しかもこの上司は、三角のピラミッドを書いて、トップが今のTODO、その下が「6ヶ月から2年の目標」「3年から5年の目標」「6年から10年の目標」と、それを紙に書けコーチングまでしてくれた。

 最近は、必ず「研究時間」を10分でも30分でも作るようにしている。日々のルーチンワークは、もう「やればいい」仕事になっていて幾多の困難さはあるが、問題として解決されている。もう、問題ではないのだ。人は1日に60,000個の物事を考えていて、その95%は前日も前々日も考えていたことだといいます。問題なのは、その習慣的な考えの約80%がネガティブなものだということ。だから、ぐだぐだと考える時間は0秒で捨てて、次に何しようか!、と考えながら、もう走ってしまう。そうすることにしたのです。10分でも、30分でも。

 

 走ることから学ぶ。

・何もない時間を作る

・規律的に進める

・たまに他人に報告する

 この3要素は、ランニングも、研究も同じデイズ。

 はじめて、やっているうちに、できるかも!という思いがわいてきて、できあがる。

 

 3月くらいから書いた短報short letterや、論文の卵は、3つ。

・20100311_001プラバスタチンによる投与7ヶ月後の遅発性薬疹1例

・20100319_002農薬中毒9症例の経過と予後

・20100415_003過去10年間の麻薬使用量の動向

 今月もあと2つ発表の予定。

 アンジェラ・アキは周知の通り、デビューから3年半(?)、2006年12月に日本武道館史上初の単独アーティストによるピアノ弾き語りライブを行う。

 すくなくとも、彼女は、自分に賭けてみた。

 3年間という区切りをつけて。

 自分の道を走ってみる。

 区切りをつけて。

 

これから)ランニング!、ダンスダンスダンスを読み切る、何に迷っているのか考える

(Visited 20 times, 1 visits today)