One Page Portfolio Assessment


f:id:MotoNesu:20020306225200j:image

 看護学校の薬理の授業をはじめて、5年(くらい)。当初より、中堅の薬剤師にその任務を分担したいと申し出ていたが、体制上の都合で受諾されず、5年がすぎる。

 学生にとっても、私にとっても貴重な時間。

 やるならば、限られた時間で最大の成果を。

 双方向に理解の確認を求めてきたが、もう一歩であった。学生多数:講師1。

・入力する

・考える

・出力する

 入力するだけの学び。考えずに出力するする暗記。この3つのサイクルを回すのが、理想的な学びだと思う。そして、そのことを記録する。

 A4、1枚でこのサイクルをまわすOPPA : One Page Portfolio Assessmentを作成してみた。トライ。

(項目)

 「なぜそれを学ぶのか」

 「講義でいちばんわかったこと、わからなかったこと」×15回

 「なぜそれを学ぶのか」最終日

 「学びとは何か」最終日

気づき)

・ポートフォリオができることと、実務ができることの違いは何か?

・つまり、Metacognitive Ability:対象化の認識が成長にどんな影響を持つのか?

・つまり、対象化の認識とは、「自分モニター」だろう。

これから)情報室会議、ポートフォリオ手法のshort reportまとめ

(Visited 34 times, 1 visits today)