f:id:MotoNesu:20100220203812j:image

 このお食事は、やりすぎだろうか?

 いや、たぶんそうでもないでしょう。

 医師と製薬会社は94%何らかの関係があって、83%が食事の提供を受けている。循環器の医師は、他よりも2倍の資源提供を受け、家庭医などは大きな病院の医師よりもMRとの面会回数が多い。

A National Survey of Physician Industry Relationships

N Engl J Med. 2007 Apr 26;356(17):1742-50.

気づき)

・利益相反の論文を整理中。2年前の論文ですが、学びが多い。

・薬剤師は、どうだろうか?

・資源提供を受けたことの情報開示は、いい対策かも知れない

Background Relationships between physicians and pharmaceutical, medical device, and other medically related industries have received considerable attention in recent years. We surveyed physicians to collect information about their financial associations with industry and the factors that predict those associations.

Methods We conducted a national survey of 3167 physicians in six specialties (anesthesiology, cardiology, family practice, general surgery, internal medicine, and pediatrics) in late 2003 and early 2004. The raw response rate for this probability sample was 52%, and the weighted response rate was 58%.

Results Most physicians (94%) reported some type of relationship with the pharmaceutical industry, and most of these relationships involved receiving food in the workplace (83%) or receiving drug samples (78%). More than one third of the respondents (35%) received reimbursement for costs associated with professional meetings or continuing medical education, and more than one quarter (28%) received payments for consulting, giving lectures, or enrolling patients in trials. Cardiologists were more than twice as likely as family practitioners to receive payments. Family practitioners met more frequently with industry representatives than did physicians in other specialties, and physicians in solo, two-person, or group practices met more frequently with industry representatives than did physicians practicing in hospitals and clinics.

Conclusions The results of this national survey indicate that relationships between physicians and industry are common and underscore the variation among such relationships according to specialty, practice type, and professional activities.

 医師とあらゆる医学上の関連会社(製薬会社、機器ほか)との関係は、ここ数年、かなり注意が必要だと受け止められている。製薬会社との金銭的な関係についての情報を収集するために医師の調査をし、この関係に至る要因について調査をした。

 2003年末から2004年初等にかけて、6つの専門分野(麻酔科、循環器、家庭医、一般外科、内科と小児科)の3167名の医師について国内で調査を行った。確立サンプルのraw response rateは、52%で、加重反応率は、58%とした。

 ほとんどの医師(94%)は、製薬会社と関係があって、それらは、仕事場で食事を提供してもらい(83%) 、医薬品のサンプルを提供してもらっている(78%)。回答の三分の一以上 (35%) が、専門の会議professional meetingsや、医学生涯教育CMEに関連する費用負担を製薬会社から受け取っており、四分の一以上が、コンサルタント費用や、講演料、臨床試験への患者の参加費用を受け取っていた。循環器の医師は、家庭医と比べて2倍以上の費用を受け取っていた。しかし、家庭医は、他の専門分野よりもMR(ここではindustry representativesとされている)と頻繁に面会をしており、病院やクリニックで働く医師よりも1名、2名もしくはグループで働いている医師の方が頻回に面会をしていた。

 医師と製薬会社の関係は一般的になっており、その専門分野、診療のスタイルや専門領域の活動度によって様々であることが明確になった。

これから)桜は終わりなので、模様替え。2010年度プラン最終案、職場会議、面接予定を決める、すき焼き。

(Visited 29 times, 1 visits today)
カテゴリー: 薬害

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です