臨床研究適正評価教育機構(J-CLEAR)はじまる


f:id:MotoNesu:20091114145346j:image

 ちょっと紹介が遅くなってしまいましたが、名郷直樹(地域医療振興協会 地域医療研修センター長)先生も、折笠秀樹(富山大学大学院医学薬学研究部バイオ統計学・ 臨床疫学教授)先生も理事を務められている臨床研究適正評価教育機構(J-CLEAR) が、2010年3月7日,第74回日本循環器学会総会・学術総会の最終日に発足。

臨床研究適正評価教育機構(J-CLEAR)

http://j-clear.jp/

 臨床研究の結果報道は適正かつ公正であるべきですが,昨今の企業支援型臨床試験の結果報道をみる限り,結果が適正に評価・報道されているとは言い 難いものも少なくないように思われます。そのためにも臨床に携わるものにとっては,正しい臨床疫学の知識および臨床研究論文の読み方,解釈の仕方の習得は 不可欠です。

 臨床研究の適正な解釈についてはこれまでも必要性が指摘され,いくつかの取り組みがなされてきましたが, その活動は限定的なものであり,組織として包括的に啓発・教育を推進していく必要があると感じてきました。そこで今回我々は,わが国の医療界および製薬企業双方の 健全なEBMの発展と実践を願い,臨床医への適正情報の提供と臨床研究に必要な統計解析の教育,指導を目的 として「臨床研究適正評価教育機構(J-CLEAR)」を設立しました。

 シンポジウムなどの開催があったら、参加したいですね。

これから)のどが痛いが今日こそ走る!、医薬品安全管理加算と後発品加算の届け出準備、職場会議で実務実習の運営検討、新年度体制の提案、薬事委員会、借りていた歴史小説を読み切る。

(Visited 24 times, 1 visits today)