薬害を覚悟する本14)洋学の盛衰を論ず


(森鴎外『洋学の盛衰を論ず』より)。

「学問は器械道具の如く一地より他の地に運送す可き者に非ずして,有機体なり,生物なり。此生物の種子をして萌芽し生長せしむるには,一種特異の雰囲気なかる可からず。日本は従来洋学の果実を輸入したり。其の器械道具の如く輸入せらるゝことを得て,又実用に堪へたるは,果実なるを以ってなり」

「何のために」研究をするか。東京帝大で教鞭を執り日本の医学界の発展に尽くしたベルツ博士が、帝大を解雇されるときのメッセージ。明治35年6月。

 科学の必要十分が、技術ではない。

これから)寒すぎて、寝坊&運動無理。看護学校の薬理国試対策特別講義2コマ。

(Visited 21 times, 1 visits today)