大切な人には「好き」という


 ”I’LL ALWAYS LOVE YOU”の日本語版。数行の文章と絵。Morris Schwartzの『モーリス先生との火曜日』のより、Randolph Frederick Pauschの『最後の授業』よりも、メッセージはスピードで過ぎ去る。

 だから、覚悟して読む。

 大切な人との時間が変わる。

にいさんやいもうとも、エルフィーがすきだった。

でもすきって いってやらなかった。

ぼくだって、かなしくてたまらなかったけど、いくらか、きもちがらくだった。

だってまいばん エルフィーに、

「ずーっと、だいすきだよ」って

いってやっていたからね。

 厚生労働省の緩和ケアプログラム100冊の旅、のこり97冊。

これから)テレビ体操。肩のストレッチを多めに。

(Visited 13 times, 1 visits today)