自分に適切な目標を


f:id:MotoNesu:20091012060532j:image

 「あれも、これもと思ってもできないものですよね~」とその老婦人は、百貨店の2人きりのエレベータのなかで、私に向かってにっこりと微笑んだ。

 帰宅して、ブログに書き残した空白の日付に記事を埋めることをやめた。2009年1月以来「土曜日と休祝日以外は、毎日書く」という単純な目標にむかって、「筋肉は、負荷を与えただけ応えてくれる」と村上春樹がいうように、走りつづけた。しかし、あれもこれもはできない。

 できなかったことは、差分として受け止めよう。そう思い直した。

(ブログを1年間つづけてわかったこと)

・毎日書くことは、案外難しい

・書きためた情報を、読める形にすることにもパワーが必要

・毎日50人くらいの方々が見てくれている(ありがとうございます)

(さらに向上できるなら・・・)

・どうすれば毎日書けるのか?という工夫

・読める形とは、自分がふり返ってもわかる形。脳から手に、ダイレクトにアウトプットする術は?

・結果として、毎日100人の方々と考えることを共有できたら・・・

 自己実現と社会貢献の2つがないと、自分のなかで生きつづけられる目標にならない。それは、昨日秩序と関わりで書いたことと一緒だ。1年をふり返るごとに、昨年の自分の小ささに気がつく。

 老婦人のように、ゆっくりと笑顔で過ごす。おしゃべりができるくらいの余裕で走ること(LSD;long slow distance)。

 コンテンツも、集客も考えていない勉強メモに、多くの方々に訪れていただいたことに感謝いたします。来年も、よろしくお願いいたします。

*「適切な目標で“実る努力”をしよう ― 勝間和代さん」、2009年日経

 適切な目標を立てて振り返る。ビジネスパーソンに必須の行動習慣を1つ挙げるとしたらコレです。目標を明確に定めることは、戦略の立案と同じ。最初に決めた目標によって、その成果は8割方決まります。つまり、目標が適切でなければ、どれだけ努力しても実らないのです。ですから、最初に“適切な”目標を定めることは、極めて重要です。具体的には、年初に手帳に今年は何をするかを書き出しましょう。

(Visited 13 times, 1 visits today)