六君子湯ならRKT


 ツムラの担当者に、「六君子湯の論文を探すときには、どうすればいいの?」と聞くと、「RKTですよ」と教えていただけた。六君子湯はRKTで、大建中湯は、DKTらしい。

 本当か? さっそくPUBMEDで試してみたら、全くヒットしない。

 日本東洋医学会に所属されている泌尿器科の医師に、先日講演を依頼した。

 折しも、署名をあつめている。

 知り合いに頼まれたときには、ほぼ100%署名をしていた手がとまった。

 11月に長妻厚労大臣に4万筆以上渡された、例の署名だった。

 「漢方って、本当に効くのか?」

 自分にウソはつかない。折り合いをつけさせるために、日本東洋医学会を調べる。

 日本東洋医学会は、すでにその根拠を意識してか、データを整理し公開していた。

 日本東洋医学会 EBM特別委員会

 http://www.jsom.or.jp/medical/ebm/index.html

 これで、やっと漢方の論文が読める入り口にたった。

 例)八味地黄丸は、Hachimijiogan (Ba-Wei-Di-Huang-Wan)

 らしい。

 自分の不勉強さを思い知る。

(Visited 20 times, 1 visits today)