薬害を覚悟する本10)エイズ犯罪、血友病患者の悲劇


 「私と一緒にエイズで死んでください」法廷に悲痛な叫びがこだまする。1,800人もの罪なき人々がなぜ、エイズに感染しなければならなかったのか。

エイズ犯罪 血友病患者の悲劇 (中公文庫)

エイズ犯罪 血友病患者の悲劇 (中公文庫)

 冷たい空気が流れつづける1冊

「副作用ではありません。危険な製剤です」

 死に至る製剤を自分の体に注入されることの痛みを被告側は理解していない。

(Visited 10 times, 1 visits today)