プレゼンテーションが、なぜ退屈なのか?



D

 週に一度は、丸の内の丸善本店に立ち寄る。大型書店で歩く1時間は格好の勉強時間。

 めずらしくプレゼンテーションの本が、大きく陳列されており、1冊購入。Amazon.comなどで売り上げ、世界3位を記録するなど、世界的にベストセラーの和訳。ZENは、もちろんZen Buddhismで著者は日本に在住されていたらしい。日本人にとっても身近な先生だ。

 本書はいきなりパワーポイントの操作説明から入らない。メッセージの作り方、伝え方を説明する。presentation = power pointではない。

「シンプルであれ」というメッセージで、どう伝えたい哲学を埋め込むか? “Plan Analog”からはじまり、6つの方法を提案している。すぐにできるテクニカルなチップスはこちら。

・画面いっぱいの絵の中に、メッセージを埋め込む

・1画面を9つのグリッドにわけて、それに沿ってレイアウトをする

・良質なフォトをつかう

 そういえば今月は、プレゼンテーションの機会が多かった。

 勉強の成果。できたパワーポイントは、こちら。保育士、看護師研修向けの感染対策から。

f:id:MotoNesu:20091103075306j:image

f:id:MotoNesu:20091103075305j:image

f:id:MotoNesu:20091103075304j:image

f:id:MotoNesu:20091103075303j:image

先日発売された日本語版テキストは、こちら。感謝。

プレゼンテーションzen

プレゼンテーションzen

(Visited 9 times, 1 visits today)