“If I have seen father, it is by standing on the shoulders of giants”

Sir Isaac Newton(1642-1727)

 ニュートンの言葉だ。このテキストの位置を明確に表している。そう、わたしもまず、全体を知りたいのだ。

 2ヶ月に1回、大阪で感染のレクチャーをうけていたころに、提供されたAPICのテキスト。APICの日本語版は、どれも立派でまさにテキストの大御所、といった感じだが、原著のせいか、こちらは薄い。

 講習会が終わったあとも、丁寧にわたしのデスクに、収まっているのだが、眺めただけで終わっていた。

 このテキストは、膨大なAPICテキストのエッセンスや、目次にあたる本で、感染対策の初学にはちょうどよさそうである。このまま飾っておくのももったいないので、いい部分だけを吸い尽くす気持ちで、読みたいと思う。

 目次全体は、20章ある。しかし、それぞれは、本の数ページだ。

 これなら、たぶんいける。

(目次)

1.感染制御と予防

2.サーベイランスと公共の情報公開

3.疫学

4.統計とデータ管理

5.患者の安全

6.患者のリスク因子

7.免疫学

8.微生物学

9.感染症と臨床症状

10.現場管理

11.感染の予防

12.免疫

13.抗生物質

14.ケアの環境

15.医療と支援サービス

16.従業員/就労上の健康

17.公共の健康

18.旅行と世界的な健康

19.救急への準備と対応

20.資料と参考文献

(Visited 9 times, 1 visits today)
カテゴリー: Infection

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です