病棟にいく機会がめっきり減ってしまい残念な日々。しかし、少ないチャンスで病棟に立つこともある。

 ある日ご退院されるご家族が「想像以上にお世話になりまして」とお礼をおっしゃっていた。

 想像以上に?って。聞き慣れない「想像以上」と「お世話になりまして」という組み合わせに戸惑う。

 そんなにはお世話になる予定ではなかったけれども、想像以上に世話になってしまい・・・なのか、とってもお世話になりまして・・・という意味なのか。

 その一言だけでは、臨時担当の私にはわからない。医療安全の視線も最近は身についてしまったから、もしかして、こちらの理由で、入院が「想像以上に」延長した?、と疑心暗鬼になるのをよそに、となりの看護師長さんは、「ええ、どういたしまして。お大事に!」といつもの笑顔だ。お互い、ニッコリだから、大丈夫のようだ。 

 臨時担当のくせに、朝の忙しい時に「想像以上って・・・」と聞くのはナンセンス。

 が、しかし「想像以上に」だ。薬局にもどって、「想像以上に」と聞いてもはじまらない。

 とにかく、何か想像以上のことが起こったのだ。何が?なぜ?である。

ネットワークはなぜつながるのか 第2版 知っておきたいTCP/IP、LAN、光ファイバの基礎知識

ネットワークはなぜつながるのか 第2版 知っておきたいTCP/IP、LAN、光ファイバの基礎知識

 この「なぜ」シリーズには、いつも購買意欲をそそられる。1冊目の「プログラムはなぜ動くのか」はもう、第2版がでている。

 なぜプログラムが動くのか、わからない。なぜ、インターネットがつながるのか、わからない。

 「なぜ?」という疑問がわいたときには、自分の想像以上に「あ、自分は相当な興味があるんだな」と受け止めることにしている。

 みなさん、お大事に。

(Visited 8 times, 1 visits today)
カテゴリー: Diary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です