f:id:MotoNesu:20090929054300j:image

 今朝は雨降りなので、仕方なくぼんやり。過去に読んだ論文で、気になったものはそのままとってあるので、再度ふり返ってメモ。

「かぜに抗菌薬は必要か」

→必要ないだろう。もう周知のことだ。あえて取り上げる必要は、ないだろう。ただ、この論文は当時何度もコクランを紹介するときに、お世話になった愛着がある。

Antibiotics for the common cold and acute purulent rhinitis.

Cochrane Database of Systematic Reviews 2007, Issue 4

 成人と小児のウイルス性上気道炎を対象とした、抗菌薬による治療群とプラセボ群とのRCTのメタアナリシス(試験数6,患者様総数1,147人)。おもなアウトカムを臨床的効果(治癒、または症状の緩和)とすると、リスク比は0.89(95%CI 0.77-1.04)で抗菌薬治療群に有利な傾向はあるものの有意差はなかった。副作用は、リスク比1.8(95%CI1.01-3.21)と治療群で有意に高く、成人ではリスク比2.62(95%CI1.32-5.18)、小児は0.91(95%CI0.51-1.63)と有意差はなかった。

f:id:MotoNesu:20090929054020j:image

つまり

・成人と小児のウイルス性上気道炎で、抗菌薬治療は、治癒、または症状の緩和に有利な傾向はあるものの有意差はなかった。

 この箇条書きの「・」を20個くらい並べたら、総説が書けるよ!、と背中を押してくれるのは、諏訪先生。バックグラウンド読みが足りないことを反省しながら、今日も現実のなかで白衣を着て、ちゃんと論文も読んでいる薬剤師でありたい。

諏訪先生の本

医科学者のための知的活動の技法

医科学者のための知的活動の技法

Antibiotics for the common cold and acute purulent rhinitis.

Cochrane Database of Systematic Reviews 2007, Issue 4

患者さん向けPlain language summaryはこちら。

The common cold is an infection of the upper respiratory tract

Colds are usually caused by viruses, which do not respond to antibiotics. However, antibiotics cause adverse effects, especially diarrhoea, and overuse can increase levels of antibiotic resistance in the community. Results do not show any benefit from taking antibiotics for the common cold and adverse gastrointestinal effects are common. A runny nose with coloured discharge (acute purulent rhinitis) is associated with the common cold. Results suggest that antibiotics may improve this aspect but antibiotics are not recommended as an initial treatment for this condition as most people get better without them.

 雨降りは、苦手。助けてほしい。

(Visited 16 times, 1 visits today)
カテゴリー: Diary

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です