f:id:MotoNesu:20090415050840j:image

疫学における観察研究報告の強化(STROBE):観察研究報告のガイドライン

The Strengthening the Reporting of Observational Studies in Epidemiology (STROBE) Statement: Guidelines for Reporting Observational Studies

「生物医学研究の多くは、観察研究で、その報告は往々にして不十分であり、研究の強さと弱さ、および一般化可能性generalisabilityの評価を妨げている」ではじまるSTROBE声明。コホート研究cohort study、症例対照研究case-control study、および横断研究cross-sectional studyの3つの主要な私見を定めている。

 また、「RCTによって、試験で実施された介入に関するすべての重要な課題に対し、解答を見いだすことは不可能であり、観察研究は、治療のごくまれな有害作用adverse effectまたは遅発性の副作用を検出するのに適しており、また日常診療で達成できることが提示されやすい」と補足している。

 観察研究からも多くを学ぼう。

 22項目のチェックリスト(the STROBE Statement)は日本語でも読める。

(Visited 83 times, 1 visits today)
カテゴリー: EBM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です