医療安全の3大基本書(1)To err is human


 ”To err is human”とくれば、”To forgive divine” で、許すのは神。神様に許してもらう前に、事故には組織性があるぞ、という視点は十分に共有された10年。

 自治医大の先生の話は、いつでも面白い。講演前に聴衆の温度を察してその場でスライドを書きかえて、「おまえらな~」という姿勢で頭をがしっとつかんでくる(もちろん、そんな言葉は使わない。)スピードと本気さが、知のアスリートそのもので私は共感する。

 とにかく勉強しているのだ。絶対読めよ、といっていた3冊のうちの1冊目。

To Err Is Human: Building a Safer Health System

To Err Is Human: Building a Safer Health System

 米国Institute of Medicine of the National Academy of Sciences の医療の質に関する委員会(Committee on Quality of Health Care in America) は、1999 年12 月1 日に”To Err is Human:Building a Safer Health System” と題する委員会報告を発表し、まとめた報告書が本書。

 勉強せよ。

(Visited 8 times, 1 visits today)