クリニカルパールの伝言


 Clinical peal。カタカナでも綺麗。「クリニカルパールは診断への知恵をちりばめた、記憶しやすく、時に診断のプロセスのユーモアも加味した、とても貴重な格言です(週刊医学界新聞、2817号、P.2より)」。診断に関わらず、きちんと患者さんと向き合ったときに私たちはclinical pealをつかんでいるはず。それを形式化して、共有する(ここが難題)。

 雑誌「medicina」に連載されていた「診断に至る過程」のケーススタディ。

ティアニー先生の診断入門

ティアニー先生の診断入門

───────────────────────────────────

・The three most important parts in making a diagnosis are History, History, History !!

・EBMとパール、どちらも大切です。

・ティアニー先生はロックコンサートに聴きにいくときも、ポケットにNEJM誌を入れておられました。

───────────────────────────────────

 で、The Patient History – やっぱり「聞く」技術だ。

(Visited 23 times, 1 visits today)