プライマリケアが気になったので、関連論文を紹介します。

The ecology of medical care.

N Engl J Med. 1961 Nov 2;265:885-92.

*Abstractのオンライン入手は不可

 1,000人の住民がいたときに、何人くらいが病気になって、何人くらいが病院にいくのか?

 そんな「受療状況」が調査されていた。しかも、1961年に。

───────────────────────────────────

<プライマリケアにおける受療状況調査>

1,000名→地域に患者がいるとすると

750名→1回以上の疾病か外傷を負う

250名→1回以上一般医を受診

9名→一般病院に入院

1名→大学病院に紹介

───────────────────────────────────

・受診できていない750人の課題

・1,000人あたりに大学病院紹介は1名というのも、興味深い。

・2003年にも同様の調査がされ、代替医療などのメニューが加わったもののほぼ同じ比率の結果だったそうだ。

(Visited 15 times, 1 visits today)
カテゴリー: Pharmacist

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です