薬害を覚悟する本 1)プロザックを食べればいいじゃない


 うつ病が作られる

 病気が作られる時代にはいった。

 製薬会社が病気を作って、薬を売る。

=製薬会社が治療のガイドラインを変えて、自社の薬をガイドラインにのせる。

 医師も、患者も何もできない。

 著者の講演会を開いてくれた薬害オンブズパーソン、そして本書を紹介してくれた先輩に感謝。

抗うつ薬の功罪―SSRI論争と訴訟

抗うつ薬の功罪―SSRI論争と訴訟

(P.389)

フランス革命で民衆の困窮を理解できず、豪奢な生活を送ったために反感を買い、断頭台の露と消えたマリー・アントワネットのまさに政治的に正しくない発言「パンがないならお菓子を食べたらいいじゃないの」から引いたもの

 原著は、こちら「プロザックを食べたらいいじゃないの」

(Visited 37 times, 1 visits today)