*すばらしいです。先生が監訳されたご著書。

プライマリ・ケア老年医学

プライマリ・ケア老年医学

*Dr. John P. Sloanなら、こちらも

Protocols in Primary Care Geriatrics

Protocols in Primary Care Geriatrics

 「プライマリ・ケアにおける高齢者の診るかた」(第114回医療技術者研修会、QOL重視の高齢者医療と薬剤師の役割、日本生協連医療部会家庭医療学開発センターの藤沼康樹先生)のご講義から。

  「こんな医療があるのか?!」海外からのエリート研修医が、思わず一言。先生の診療所には、家庭医療を一目見ようと海外からも視察、研修医の訪問が絶えない。

 若き研修医時代には、血液内科を選択し、疾患探しをはじめた自分に気づく。地域のなかの患者を診るとは何か?、悩み行き着いた先に英国から「見学にくるか?」と手紙が届く。好きを貫いた今も、国内でももっとも進んだ家庭医療の教育環境を整えはじめている。すごい。

 聞いているこちらが心ふるえる話が次々に紹介され、私はご講義の途中で、気がついた。

 好きを貫いた心ふるえる生き方ってこうなのか。

 家庭医療を何とかしたい!、という気持ちが先生を動かし、世界をつなげ、地域医療がすすむ。そして、先生ご自身も心ふるわせながら、いまも家庭医療をされている。”DEATH-SHAFT(和訳は気にしないでください)”は、ADLを確認する基本でありながら、本質をついていた。老年医学という一般的にみえる専門を学ばれたい方はもちろん、社会貢献と自己実現の狭間で悩む方にも聞いていただきたい!、すばらしい講演でした。

───────────────────────────────────

・家庭医療(Family Medicine)とは、

 「特定の」個人、家庭、地域に対して、「継続的に」かかわる医療。

“DEATH-SHAFT”→和訳は気にしないでください。( )内は先生のコメント

[ADL]

Dressing(服が着られるか。とくに靴下はレベルが高い)

Eating(自分で食べられるか)

Ambulating(歩行。とくに家の中)

Toileting(トイレ。間に合うか?)

Hygiene(衛生、とくにお風呂。背中を洗うのはレベルが高い)

[IADL]

Shopping(買い物)

Housekeeping(家事)

Accounting(会計、お金が数えられるか)

Food preparation(食事の準備ができるか)

Transport(乗り物の利用)

───────────────────────────────────

CGA(Comprehensive geriatric assessment)高齢者総合評価は、こちら。

Comprehensive Geriatric Assessment

Comprehensive Geriatric Assessment

(Visited 21 times, 1 visits today)
カテゴリー: Pharmacist

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です