家族性高コレステロール血症へのスタチンの効果:長期間のコホート研究


────────────────────────────────

・スタチンの投与で、一般の人と同じくらいの心疾患リスクにもどる

 というイメージだろうか

・12年という期間で、やっと安定した効果がでたいい論文だと思う

・低用量といってもオランダでも、かなり高用量を使っているな

────────────────────────────────

Efficacy of statins in familial hypercholesterolaemia: a long term cohort study.

BMJ. 2008 Nov 11;337:a2423. doi: 10.1136/bmj.a2423.

目的:

 家族性高コレステロール血患者の冠状動脈性心疾患のリスクにスタチン治療が有効性か、確認すること。

デザイン:

 平均8.5年の追跡調査によるコホート研究。

設定:

 27の脂質クリニックの外来。

対象:

 1990年1月1日までに、一般的な冠状動脈性心疾患のなかった2,146名の家族性高コレステロール血症の患者。

主なアウトカムの測定:

 冠状動脈性心疾患のリスクについて、治療群と「治療できなかった」(スタチンの治療が遅れた)群で、時間を従属変数としたコックス回帰モデルで比較をした。

結果:

 1990年1月では、患者の413名( 21 % )にスタチン治療を開始し、追跡中に別に1,294名の患者( 66 % ) が平均4.3年の遅れて治療を開始した。ほとんどの患者はシンバスタチンsimvastatin( N = 1,167 、1日33mg)またはアトルバスタチンatorvastatin ( N = 211 、1日49mg)を投与した。私たちは全般的なリスクの削減を76 % (ハザード比0.24 ( 95 %信頼区間0.18から0.30 )、P< 0.001 )を観察した。実際には、これらのスタチンの心筋梗塞患者のリスクは、一般的な母集団から年齢で調整された抽出群と比較して、有意差はなかった(ハザード比 1.44 ( 0.80 ~ 2.60 ) 、 P = 0.23 )。

結論:

 現在推奨されている量よりも低用量のスタチンの投与は、家族性高コレステロール血患者の予想を上回る冠状動脈性心疾患のリスクを低減させる。スタチン治療をしている患者は、もはや、一般的な母集団と大幅に異なる心筋梗塞のリスクはない。

 スタチンの投与で、冠動脈疾患のリスクが、低下する。

f:id:MotoNesu:20090127161857j:image

 そして、一般の人たちと同じくらいの心筋梗塞リスクにもどるイメージ

f:id:MotoNesu:20090127161858j:image

(Visited 20 times, 1 visits today)