薬害を覚悟する本 2)怖くて飲めない!―薬を売るために病気はつくられる

 「まあ、ガイドラインも製薬会社の手が回っちゃっているし。」  2冊たてつづけに製薬会社が病気を作り、その薬を売っている現実を考えたら、私たち薬剤師の役割は何だろうと真剣に悩んだ。  そこに、中堅医師が「まあ、手が回っち…

薬害を覚悟する本 1)プロザックを食べればいいじゃない

 うつ病が作られる  病気が作られる時代にはいった。  製薬会社が病気を作って、薬を売る。 =製薬会社が治療のガイドラインを変えて、自社の薬をガイドラインにのせる。  医師も、患者も何もできない。  著者の講演会を開いて…

CGA(Comprehensive geriatric assessment)高齢者総合評価

*すばらしいです。先生が監訳されたご著書。 プライマリ・ケア老年医学 作者: ジョン・P.スローン,John P. Sloan,藤沼康樹 出版社/メーカー: プリメド社 発売日: 2001/10 メディア: 単行本 購入…

家族性高コレステロール血症へのスタチンの効果:長期間のコホート研究

──────────────────────────────── ・スタチンの投与で、一般の人と同じくらいの心疾患リスクにもどる  というイメージだろうか ・12年という期間で、やっと安定した効果がでたいい論文だと思う …

糖尿病の強化療法で異なる結果 2)ADVANCE試験

 こちらは、ADVANCE試験 Intensive Blood Glucose Control and Vascular Outcomes in Patients with Type 2 Diabetes The ADV…

定型、非定型の抗精神病薬で突然の心臓死リスク

 リスクは知っておかないといけない。  原著は、非定型抗精神病薬と突然の心疾患死だが、まとめは、定型向精神病薬も同様、と書いてあるので、このブログの題もそのように修正しておいた。  心にとめておくべき安全性情報だ。 ──…

糖尿病の強化療法で異なる結果 1)ACCORD試験

 糖尿病強化療法で2つの臨床試験で異なる結論。  ACCORD試験とADVANCE試験、どちらの試験でも大血管性疾患予防効果は確認されなかった試験。  しかもACCORD試験では強化療法群のほうが心血管疾患による死亡率が…

デュロキセチン(SNRI)が糖尿病性末梢神経障害と線維筋痛症を改善して、腹圧性尿失禁症状にも効果があるかもしれない、って?

──────────────────────────────── ・Duloxetine(SNRI)がずいぶん騒がれています。  もともとは、うつ病、糖尿病性末梢神経障害の痛みの薬剤。  →これが線維筋痛症(FMS)の痛…

ピロリ除菌をしても胃がんには関係ない

中国のハイリスク層における胃癌予防のためのヘリコバクターピロリ除菌 Helicobacter pylori eradication to prevent gastric cancer in a high-risk reg…

論文の書き方(1) FIRMNESS

FIRMNESS F = Feasible I = Interesting R = Relevant M = Measurable N = Novel E = Ethical S = Structured S = Spe…